ウェディングムービー・結婚式エンドロール撮影 | ウチキフィルム

結婚式ムービー撮影

2017.04.08 つきじ治作での結婚式


ウェディングハイライト(結婚式当日のムービー撮影プラン)
【つきじ治作】
ロンドンで出会った2人の桜満開の料亭ウェディングにお持込みいただきました。
和装でのロケーションや親御さまとのご対面、鏡開きなど和の雰囲気がたっぷりでとても素敵な結婚式でした。
終始笑顔に溢れた時間になりましたが、新郎がサプライズで指輪を用意したプロポーズに会場中が号泣でした!
オーダー:ウェディングハイライト/撮ってだしエンドロール(挙式まで)/プロフィールムービー

【撮影レポート】
結婚式の約3ヶ月前、年末にお問い合わせをいただきました。
初めてお会いしたのはまだ少し正月気分の残る1月の銀座でした。

新郎は日本とイギリスで育っていて、新婦の留学中にイギリスで出会ったお2人。
お2人のお話を伺うと、最初はかなり照れながら、次第に打ち解けてお話をしてくださったのを覚えています。
自由で創造性とユーモアに溢れた雰囲気と同時に、繊細で優しい気遣いもできるカップルという印象を受けました。
きっと素敵なウェディングになるだろうし、楽しい撮影ができるんじゃないかとワクワクしながら打ち合わせをしました。

前撮りは新郎のご実家のある葉山で友人を招いての誕生日パーティーにあわせて撮影することになりました。
パーティーの前に葉山の海や神社などを歩いてもらったり、インタビューも撮影しました。
インタビューの途中、新郎が友人のことを思って涙を流したのがとても印象的でした。
パーティーはBBQやたくさんのワインで、楽しい時間でした。
新郎のお父さんが熊のエプロンを付けてご友人をもてなしていたのもかわいらしくて、素敵でした。

挙式会場はつきじ治作さん。
水炊きが有名な料亭でのウェディング。
下見のときから、とてもホスピタリティ溢れる対応をしていただけました。
4月の最初のほうはお庭に桜を生け込むので、必ず桜が咲いているという保証つきということでした。

当日はあいにくのお天気でしたが、雨に濡れる桜もきれいで、印象的な一日でした。
出来上がったムービーでも冒頭から描いていますが、何といっても新郎によるサプライズのプロポーズが最高でした。
会場はみんな大号泣。
最初の打ち合わせでも、インタビューでも、実際のプロポーズが史上最低のプロポーズだったという話を聞いていたので、
披露宴でのサプライズがかっこよく決まったのを見て、このシーンをムービーの柱にしようと決めました。
ウェルカムスピーチや花嫁の手紙に謝辞と、定型文ではなくご自分の言葉で誠実にお話されていて素敵な言葉の多いパーティーで、
ムービーでもなるべくその言葉を活かした編集を心がけました。

持ち込みについては新郎新婦が色々交渉してくれたみたいで、当日は列席者として撮影させていただきました。
列席者ということで、ご披露宴後に個室とご飯を提供して頂きました。
通常、撮影中にお料理を出されて食べられないということが多々あるのですが、
こんなおもてなしをされたのは初めてでとても感激しました。