ウェディングムービー・結婚式エンドロール撮影 | ウチキフィルム

結婚式ムービー撮影

2017.05.05 グランドプリンスホテル高輪・貴賓館での結婚式


撮ってだしエンドロール
【グランドプリンスホテル高輪・貴賓館】
旧竹田宮邸で行われたアットホームな結婚式を撮影・当日エンドロール編集しました。
大学の書道サークルで先輩後輩として出会った2人。
前撮りでは出会ったサークルの部室や書道でのウェルカムボード制作を撮影させて頂きました。
慌しい当日の撮って出しエンドロールの制作作業の中でも2人らしさがしっかりと伝わるように心がけて編集しました。
ご披露宴の後に同じ会場で行われた1.5次会用にも撮ってだしを編集し直して上映しました。
オーダー:撮ってだしエンドロール(お色直し入場まで)/Wedding Snap

【撮影レポート】
5月の結婚式ですが、その前の年の12月にお問い合わせいただきました。
約半年前。
プランナーさんが決まっているかなーという時期のお問い合わせです。
早い段階のお問い合わせというのは単純に嬉しいです。と同時に大きな期待も感じます。
そんなときはなるべく早くお会いして、出来る限りの提案をさせていただくようにしています。

大学の書道サークルの先輩と後輩として出会ったお2人。
しっかりしていて真面目で結婚式の準備にも一生懸命な優しい新郎。
かわいらしく穏やかな雰囲気の中にも芯の強さを感じさせる新婦。
新郎が新婦のご家族を巻き込んで計画したプロポーズのお話がとても印象的で、新郎が新婦のことを大好きなんだなぁと感じました。

挙式会場がグランドプリンスホテル高輪の貴賓館ということもあり、グランドプリンスホテル高輪のラウンジに呼んでいただき最初のお打ち合わせをさせていただきました。
すごく熱心にお話を聞いてくれて、お話もしてくれました。
なにより打ち合わせそのものを楽しみしてくれたのが、伝わってきて嬉しかったのを覚えています。
クリエイターとして尊重してくれると感じることができると、それだけで2倍も3倍も良いものが作れる気がしてきます。
ご注文の内容としては撮ってだしのエンディングムービーを1次会用と、1.5次会用の2種類別パターンのご注文。

前撮りは大学での撮影を提案しました。
2人の出会いの場所で、2人のストーリーを描けるということがひとつ。
大学という場所は、広くて緑が多く、整然としていてロケーションしやすい場所であることが多いというのも理由のひとつです。

書道サークルがご出身ということで、実際に書を書いてもらいました。
書いたものを結婚式当日にウェルカムボードに使用するということで、前撮りと当日とのリンクも生まれました。
前撮り後に大学時代によく行っていた駅前のカフェで打ち合わせをさせていただき、結婚式と関係ない思い出話などを聞いたりしました。
その後、お写真のお打ち合わせだったり、前日にも1.5次会用に流すエンディング用に少し撮影させてもらったりもしました。

結婚式当日はゴールデンウィークの良く晴れた一日。
終日、貴賓館の1室をお借りしての撮ってだし編集作業は、ちょっと贅沢な気分でした。
1次会用と1.5次会用と一日2本の撮ってだしをするというのは、脳みそが空っぽになりそうな感じでしたが充実感はありました。
お開きの後にご挨拶したときに、『早く見たいです!』とお2人がニコニコしながらおっしゃっていたのがすごく嬉しかったです。

当日を終えてしばらくして、新婚旅行のハワイのお土産を送っていただきました。
その中にお礼のお手紙が入っていました。
便箋3枚分のお手紙で、とても感動したのを覚えています。
本当に嬉しかったし、この仕事をしていて良かったなと実感しました!