ウチキフィルム | ウェディングムービー・結婚式エンドロール撮影

結婚式ムービー撮影

2019.08.03 メルパルク横浜での結婚式

メルパルク横浜 / 撮ってだしエンドロール

横浜のホテルで行われた結婚式での持ち込みの撮ってだしエンドロール。
インタビューでお互いへの想いやご家族への想いを伺いながら、2人と映像を作っていきました。
新婦のご実家にも伺う機会があったので、お母様にお話を伺うことも出来ました。
ホテルのパッケージウェディングで撮れるシーンが限られた中でも、事前の前撮りで2人らしさを引き出すことで個性的でオリジナリティーのあるムービーを作ることが出来ました。

【撮影レポート】
初めてお会いしたときは、お2人のお仕事のご都合で水曜日の渋谷でお話をしました。
結婚式に列席した経験の少ないということで、結婚式全般についてなるべく丁寧にお話を聞くようにしました。

前撮り当日は、巨人ファンの2人ということでドームの前で待ち合わせ。
ウェルカムボードの話を伺っていたので、うまく繋ぐことができればと考えていました。

ちょうど梅雨時ということで念のため、スケジュールに屋内のシーンを入れたいとお話をさせていただきました。
するとお2人から『自宅よりは実家のほうが良いかも』ということで新婦の実家へ伺うことに。
そのことから新婦とご家族の関係がよくわかったような気がしました。
お母様が車を出したり、お手伝いいただけるということで、せっかくなので出てください!ということでインタビューをしました。
結果的にとても温かいお言葉を収録することできて、感動的なエンドロールが作れるなという確信を得ることが出来ました。

結婚式は横浜の山下公園の近くにあるホテルで行われました。
当日の流れは伝統的なホテルの結婚式という感じです。
美容室を出たら、写真室で型モノを撮って、リハーサルをチャペルじゃない小部屋でしてという感じ。
撮影できるのはお支度を終えて美容室を出たところから。
オーダーは挙式までのエンドロールでしたが、収録できるシーンが限られていたのでご披露宴入場までを収録しました。
また、後日納品のハイライトもご注文いただいていたので、挙式までは2名体制で撮影をして通常より多くの素材から編集することが出来ました。

編集については、事前に撮ったインタビューがかなり感動的で、曲もそれに合う楽曲を選びました。
それにあわせてご両家の親御さまの挙式前の表情を多く使用しました。

ご披露宴のクライマックスは花嫁の手紙や花束贈呈のシーンがとても感動的で、会場全体が良い雰囲気でエンドロールを上映することが出来ました。

上映時はインタビューから始まるので、とても静かにご覧いただけて、泣いている方も多くいてという感じになりました。
退場後にカーテンの隙間から映像を観ていたお2人から、大絶賛をいただきました。
お母様からも『号泣しちゃいました』とお褒めの言葉をいただきました!